ホーム > インタビュー&コラム

インタビュー&コラム

映画を深読み!八木亜希子さんがインタビュー!

『秘密 THE TOP SECRET』

「会社勤めをしている時から、原作に興味があったんです」 ・・・大友啓史監督

 

八木亜希子さんが監督に作品の魅力をインタビューする新企画「映画を深読み!」。
第1回の今回は、大友啓史監督にインタビュー!
「脳を覗く」というテーマを持った近未来を舞台にした作品のお話です。
この日、2度目の対談というお二人は、久々の対面で和気あいあい。
監督からの逆質問も飛び出して、八木さんが答える一幕も。
作品のイメージとは裏腹に、笑顔と巧妙なトークで和やかな対談ルーム。
さてさて、どんなお話が伺えるのか、「映画を深読み!」いよいよスタート!

 

八木亜希子さん

 

八木さん:監督は立て続けに作品を撮られていますが、『秘密 THE TOP SECRET』はいつ頃から構想されていたんですか?

監督:局勤めをしていた頃からなんですよ。原作漫画を読んで面白いなって。

八木さん:じゃあ、『るろうに剣心』の前からっていうことですよね。意外です!

監督:退職してすぐに、あるきっかけで松竹のプロデューサーにお会いして。彼がすごく熱心で、「大友さんに絶対やってほしい企画があるんです」って言うんですよ。「何?」って話を聞いていたら「あれ、その話、俺どこかで聞いたことがあるぞ」って。それが「秘密」で(笑)。2011年に独立した頃だから…。

八木さん:5年前ですか! 『プラチナデータ』よりも、ずっと前だったんですね。映画を拝見しましたが、脳内映像が凄くリアルでした。特に、貝沼(吉川晃司)の脳の映像を見るシーンは、犯罪者の視点ってこういうものなんだ、って。私、夢に見そうで(笑)。

監督:劇中であの映像を観ているのは刑事ですから。刑事って、事件現場のような凄惨な場面を見慣れているはずなんですが、原作はその彼らですら観ると頭がおかしくなる話だから。真面目に映像化しようとすると、かなり難しいことが多いですよね。

八木さん:でも、撮っていて怖くなかったですか? あたかも自分が本当にそういった行為を犯しているようで。

監督:原作は漫画ですから、絵のタッチで柔らかくなる。映像化すると、当然それよりハードにはなりますよね。

八木さん:「脳内を見る」ことがどういうことなのか、あの映像を観ないとその生々しさは伝わらないですよね。

監督:ええ。一方で「我々は死をどう扱うのか」っていうテーマもありますからね。「人が死んじゃった後に、魂はどこに行くんだろう」って、古くて新しい普遍的なテーマだから。

 

 

続きはロケーションジャパン76号でお楽しみください!

 mLJ76号表紙

 

 

button2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『秘密 THE TOP SECRET』

監督:大友啓史
原作:清水玲子「秘密 THE TOP SECRET」
出演:生田斗真、岡田将生/吉川晃司、松坂桃李、織田梨沙/栗山千明、リリー・フランキー/椎名桔平、大森南朋 ほか
8月6日(土)全国ロードショー
(C)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会
http://himitsu-movie.jp/

 

【STORY】
被害者の脳の記憶を映像化し事件を捜査する警視庁の特別捜査機関「第九」。新人捜査官の青木は室長・薪の下へ配属され「行方不明少女の探索」にあたる。単純かと思われた事件は、脳内捜査によりその全容が根底から覆されていく。更に「驚愕の真犯人」から薪の最大のトラウマであり「第九」の闇「貝沼事件」が表にでてきて…。

 

【PROFILE】

■大友啓史監督
岩手県出身。映画監督・演出家。NHK入局。秋田放送局を経て、1997年から2年間ハリウッドで脚本や映像演出を学ぶ。帰国後、『ちゅらさん』『ハゲタカ』『龍馬伝』を演出。フリー転身後、映画『るろうに剣心』シリーズ、『プラチナデータ』などヒット作を次々と手掛ける。秋に映画『ミュージアム』(16)、『3月のライオン』(17)前・後編公開予定。

 

■八木亜希子さん
神奈川県出身。フジテレビアナウンサーとして活躍したのちフリーランスに。キャスター、女優。フォニックス所属。かながわ観光親善大使も務める。テレビ朝日系『聞きにくいことを聞く』、ニッポン放送『八木亜希子 LOVE&MELODY』にレギュラー出演している他、女優としても、映画『みんなのいえ』、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』、テレビ東京系ドラマ『昼のセント酒』ほか出演。

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve