ホーム > ニュース

ニュース

地域
2013.11.04

広がる“朝ドラ”の輪に『あまちゃん』も? 岸和田市でネットワーク展が開催中

_DSC3473

今年9月まで放送された『あまちゃん』の岩手県久慈市をはじめ、放送時多くの観光客がその舞台を訪れる“朝ドラ”。そんな朝ドラの舞台となった地域が、盛り上がりを継続しようとネットワークを形成し活動を行っている。

 その中心となっているのが『カーネーション』の舞台となった大阪府岸和田市。作品は2011年10月から2012年の3月まで放送され、放送直後には前年比で2.5倍の観光客が訪れた。岸和田市はそれを一過性で終わらせないため、昨年7月『ゲゲゲの女房』の鳥取県境港市・安芸市、『梅ちゃん先生』の東京都大田区などとともに「朝ドラ舞台地ネットワーク」を設立し、地域間を越えた連携を行っている。
 今年『カーネーション』は台湾、ミャンマー、トルクメニスタンなど海外でも放送され岸和田市にはすでに海外からの観光客の姿も見え始めたとか。そんななか10月30日から12月8日まで岸和田だんじり会館にて「朝ドラ舞台地ネットワーク展」が開催。現在加盟している7地域の観光情報やお土産ものなどを展示するほか、『あまちゃん』の岩手県久慈市の観光情報ブースも設置するなど、朝ドラファンにはたまらない催し物だ。市の観光課は「だんじり祭りは終了しましたが、これからの季節、牛滝山の大威徳寺の紅葉など見どころはたくさん。ぜひこれを機会に岸和田市のいいところをもっと知ってほしい」と語った。ドラマ放送後も続く活動の輪。そんな動きに今後も注目が集まっている。

朝ドラ舞台地ネットワーク展
10月30日(水)~12月8日(日)
午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)
入場無料
場所:岸和田だんじり会館
住所:岸和田市本町11-23
電話:072-436-0914

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve