ホーム > ニュース

ニュース

エンタメ
2014.02.12

大泉洋主演『地の塩』がいよいよ放送開始! 松雪泰子、陣内孝則とともに笑い溢れる会見

地の塩

 『下町ロケット』や『プラチナタウン』、『パンドラ』シリーズなどの人気ドラマを放送する、WOWOWの連続ドラマW。2月16日(日)より最新作『地の塩』の放送がスタートするにあたり、都内で完成披露試写イベントが開催され、主演の大泉洋をはじめ、松雪泰子、陣内孝則が試写後のトークイベントに出席した。

 この物語は、考古学を題材としたヒューマンミステリー。主人公の考古学者・神村賢作を演じる大泉さんは、「今までに演じたことのない影のある役に、かっこいいと思いました」と明かした。そして後輩・神村の偉業に嫉妬しながらも見守る官僚の役を演じた陣内さんは、自身が所属したバンド「ザ・ロッカーズ」が「チェッカーズ」に追い抜かされたことを例に出し、「追い抜かされるのはよくあること。その経験を活かし役作りにのぞんだ!」と話し、会場は爆笑に包まれた。また、真面目な歴史教科書の編集者役として、今作で大泉さんと初共演となる松雪さんは、「真摯に役に向き合っていて、ついていきたいと思った」と話すと、その言葉に思わずニヤける大泉さん。「松雪さんの清楚で優しい人柄に、心救われた」と話す大泉さんは、「あんまり見れないんです!」と照れながらも松雪さんの魅了を語り、会場は終始笑いの絶えない和やかムード。そんな3人の共演に手応えを感じた陣内さんからは、「このメンツで底抜けなコメディもやってみたい」と新作の提案まで飛び出した。
 陣内さんがボケれば、そこに大泉さんがツッコミを入れる。そしてその横で微笑む松雪さん。コンビネーション抜群の3人が出演する『地の塩』の放送が待ち遠しい!

連続ドラマW『地の塩』
216日より毎週日曜22時からWOWOWOにて放送(全4話)
※第1話は無料放送

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve