ホーム > ニュース

ニュース

エンタメ
2017.07.26

映画『銀魂』舞台挨拶サプライズに声優新八が登場!アニメと実写の初共演で、監督が一番大興奮?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

公開から8日で動員数100万人、興業収入13億円を突破し、
今年の実写邦画ランキングでナンバー1に躍り出た映画『銀魂』。
ヒット御礼で行われた舞台挨拶に、福田雄一監督と菅田将暉が登壇した。

劇中で菅田が演じる志村新八は原作、アニメともに非常にファンの多い役。
映画を観たファンからも菅田の完成度の高さが好評だ。本人も「当たり役がきたぞ」と地味な役であるその配役に喜び楽しみながら演じたそう。

実は映画が始まる前にアニメシリーズにも出演を果たした菅田。
監督から「アニメも菅田くんでいいじゃないか」と乗っ取りを画策されると、
アニメシリーズで新八役を務める声優の阪口大助がツッコミながらサプライズで登場し”W新八”の初共演に会場は大熱狂した。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

役作りのためにLINEスタンプを繰り返し聞いたと語る菅田は監督と共々、阪口に生セリフをリクエスト。また銀魂が大好きなんですと熱弁する監督は2人を自らのスマホで撮影するなど観客以上に舞台挨拶を楽しむ姿を見せた。
続編があったら是非出てほしいとオファーする監督に阪口は照れ笑いしつつ、被り物のキャラクターでの出演を提案するなど始終笑いに包まれる舞台挨拶となった。

大ヒットの裏側には、日本全国を駆け回って探したロケーション、原作を大事にしたことで声優からもお墨付きをもらったキャスティング、シリアスシーンでも構わずギャグ要素を入れ込む福田監督の“こだわり”が詰まっている。
福田節が効いた映画『銀魂』疾風はまだまだ続きそうだ。

 

 

脚本/監督:福田雄一
出演:小栗旬 菅田将暉 橋本環奈 柳楽優弥 新井浩文 吉沢亮 早見あかり ムロツヨシ 長澤まさみ 岡田将生 佐藤二朗 菜々緒 安田顕 中村勘九郎 堂本剛
原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
製作:「銀魂」製作委員会 制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:gintama-film.com
(C)空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve