ホーム > ニュース

ニュース

2017.11.02

佐賀県唐津市で『ユーリ!!! on ICE』の世界感とくんち祭りを楽しもう!

aw3a3850-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

DEAN FUJIOKAがOPを歌ったことでも話題のアニメ『ユーリ!!! on ICE』。原案は『モテキ』の漫画家の久保ミツロウさんと、アニメーション監督・演出家の山本沙代さんの黄金コンビだ。

 

実力がありながらもメンタルの弱さから大成できず、フィギュアスケート人生崖っぷちの23歳の主人公・勝生勇利が、世界トップフィギュア選手のヴィクトル・ニキフォロフに見出され、ライバルたちとの出会いなどを通して成長していく大人気作品であり、フィギュアスケート人気に新たな光を当てた作品でもある。

 

しかし『ユーリ!!! on ICE』が光を当てたのは、それだけではない。劇中に登場する主人公・勇利の出身地のモデル地である佐賀県唐津市もまた、『ユーリ!!! on ICE』人気と共に、多くの注目を集めている。

 

作中では「長谷津」という名で“架空の町”として登場する勇利の地元だが、実際のモデル地である唐津市の風景を精密に描写しており「勇利やヴィクトルの歩いた風景を堪能できる!」と同市にはファンの聖地巡礼が耐えない。巡礼者は日本国内にとどまらず、世界27ヶ国から約24,000人のファンが唐津に来るために来日している。

 

唐津市は作品のイメージを壊さぬよう、過度な「聖地」の装飾などは行っていない。しかし、地元飲食店やタクシー会社と共に作品の周知を徹底、『ユーリ!!! on ICE』ファンが地元を訪れた際に十二分に「おもてなし」できる体制を整えている。

 

そんな唐津市は、大好評だった『ユーリ!!! on ICE』とのコラボ企画「サーガ!!! on ICE」第1弾に続き、第2弾を11月30日まで開催中だ。『ユーリ!!! on ICE』の世界観と唐津市の魅力を同時に体感できる企画となっている。また、11月7日まで「サーガ!!! on ICE 東京サテライト会場 in 渋谷マルイ」も開催。

 

さらに、11月2~4日には、国の重要無形民俗文化財に指定されている、唐津神社の秋季例大祭「唐津くんち」が行われる。「くんち」は「供日」とも書き、収穫の感謝の意味が込められた祭りだ。『ユーリ!!! on ICE』とコラボしたポスターも、ファンにとっては楽しみの一つ。ぜひ、この週末は唐津市を訪れて唐津くんちと『ユーリ!!! on ICE』の世界観を楽しもう!

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve