ホーム > ニュース

ニュース

地域
2017.01.20

「今最もイケメンが集まる街!?」神奈川県綾瀬市のロケ地マップが面白い!

o2tmparfyru3gd21484905350_1484905414

今、映像制作者から注目を集め、話題の映画やドラマが絶えず撮影されている地域がある。それが神奈川県綾瀬市だ。なかでも、なぜか「イケメン」が出演する作品が多いとか? そんな街の魅力を堪能するのに最適な「綾瀬ロケ地MAP」を綾瀬市が発行した。

神奈川県綾瀬市は、「綾瀬ロケーションサービス」発足3年にして合計700件以上(2019年1月20日時点)の撮影問い合わせ実績を実現、「市内に駅がなく、観光地もない」と多くの市民が自虐的に話していた綾瀬市が、わずか3年で「ロケの街」として大きな変化を遂げた。

 

人気の理由は現地のロケーションはもちろん、なにより柔軟で丁寧なサポート体制にある。官民一体でロケ受け入れを行い、綾瀬市役所などの公的施設のほか、一般的には撮影が難しいとされる病院やゴルフ場、そして一般店舗にいたるまで、幅広くロケ受け入れを行っている。その対応の良さとロケ施設の柔軟さが高評価に繋がっている。そして注目すべきは「イケメン出演作品が何故か多い!」ということ。その理由を紐解くと、都内からのアクセスが良く、忙しい人気アイドルや俳優が訪れやすいほか、市民がロケ対応に理解があり撮影現場でファンが大騒ぎする、という状況にならないことなどが考えられる。何より、ロケ対応の良さでリピーターになった制作者が良作をもって綾瀬市を訪れているという点が大きい。

 

このたび発行された「綾瀬ロケ地MAP」は、そんな綾瀬市のロケの評判がわかりやすく凝縮されている。

表紙を飾るのは、綾瀬市で撮影されたイケメン出演作品。

今年6月公開予定の映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』の伊藤英明さんが写るシーン写真が大きく掲載されているほか、2月公開の生田斗真さん主演映画『彼らが本気で編むときは、』や、6月公開予定の綾野剛さん映画『武曲 MUKOKU』なども紹介されている。表紙だけを見ても、今年も多くのイケメン作品の公開が控えていることがわかる。

 

中面で紹介されているのは、綾瀬市の「エンタメ×グルメ」の楽しみ方。

特に注目したいのが、ドラマ『コウノドリ』や『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』のシーン写真を使ったバッチリ写真! 例えば、『コウノドリ』の中で度々登場した綾瀬市役所中庭のベンチでは、そこで撮影した写真にズバリのシーン写真を重ねれば、「この場所で撮影されたんだ!」という感動とともに、撮影当時と今を比較し楽しむことが出来る。

 

グルメ情報もたっぷり紹介されている。

2016年4月から発売を開始した、綾瀬産の豚肉を贅沢に使った「豚すき」で作った綾瀬市の新名物「あやせとんすきメンチ」のほか、地元の人気食堂やカフェ、菓子店など、MAPには綾瀬市に行ったら必ず食べたいグルメが盛りだくさんに紹介されている。

 

「イケメンの街」としてどんどん進化中の神奈川県綾瀬市。

この「綾瀬ロケ地MAP」を手に綾瀬市を散策すれば、「エンタメ×グルメ」で楽しめる綾瀬市の魅力を体感出来るはず。

 

 

「綾瀬ロケ地MAP」
配布場所:綾瀬市役所や商工会議所のほか、市内飲食店など
問い合わせ:綾瀬市役所商業観光課

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve