ホーム > ニュース

ニュース

グルメ
2021.03.04

絶対負けない!勝負事の前に食べる「カツ丼」でゲン担ぎ!

20200418073845_yamato1

受験生にとって3月は受験シーズンの最終盤戦。そしてコロナに勝つと “自粛期間明け”を見据え、勝負を目の前に、“験”も担いで縁起の良い食べ物にこだわりたい人も多いのではないだろうか。日本全国では多くの「勝」へゲン担ぎがあるが、一番浸透しているのは勝負事の前に食べる「験担ぎグルメ」の「カツ丼」だろう。

 

大切なゲン担ぎならこだわりのカツ丼で

20200418074328_yamato2

 

 

「験担ぎグルメ」の定番は「カツ丼」で、「カツ=勝つ」という表現が「勝負に勝つ」「己に勝つ」という、「験担ぎグルメ」として浸透している。さらに、“カツ丼でゲンを担ぐのであれば大きい方が良い”、そういう人は、小浜市の「やまと庵」のカツ丼なら満足できること間違いなしだ。
1980年に小浜市で創業した「ファミリーレストランやまと」は地元に密着し幅広い年齢層からも支持される人気店。とんかつ定食には、ふっくらと焼き上げたイギリスパンを、そのまま粉砕し生パン粉にした焙焼作りの生パン粉を使用している。そのため、サクッとした食感でヘルシー、胃もたれすることなく美味しく食べられると評判だ。

 

20200418074256_yamato3
また、ご飯の大盛がおすすめ。なんと、メニューに“プラス100円”で1キロまで福井県産米が食べられるというから驚きだ。これは、「食べに来た人に福井のお米を満足いくまで食べて欲しい」というお店側の想いからだ。

 

カロリーも最大級!アイスクリームのせ「愛は勝つ丼」!?

my_image
しかし驚くのはまだ早い。大きな“とんかつ”の上にアイスをトッピングした「愛は勝つ丼」は予想外の組み合わせでインパクト抜群もいいところ。味については賛否両論だというが、レモンを絞ることによって酸いも甘いも味わえるという面白さもある。何か限界を突破したい人は試してみる価値ありだ。

 

コロナ禍の飲食店を応援しよう!
コロナ禍がはじまって早一年、飲食店もいよいよ苦境に立たされている。客側も感染防止対策を万全にしつつ、頑張って応援しよう!

 

koizumi

食後のデザートとして、「愛は勝つ丼」を食べられるように空腹でお越しください!

(写真:やまと庵社長 小泉さん)

 

やまと庵 ※コロナ期間中の特別営業時間
住所:福井県小浜市四谷町20-13
営業:11:00~21:00→11:00~20:30(オーダーストップ20:00)
電話:0770-53-3450

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve