ホーム > ニュース

ニュース

ロケ地ニュース
2016.08.10

土屋太鳳×竹内涼真の青春映画『青空エール』で浜松市と三ヶ日町が大注目!  

image2

8月20日(土)に公開する映画『青空エール』は主演の土屋太鳳が初のトランペット演奏にも挑戦した、この夏必見の青春映画。野球場での演奏応援を夢見て吹奏楽部に入部する高校生・小野つばさを、土屋太鳳が好演する。

 

「高校時代はダンス部で、有り得ないプレッシャーと闘っていたので(つばさと)共通点はあるんです」と語る土屋太鳳。立ちはだかる“壁”に立ち向かう真面目さと強さは、つばさの強さに重なるものがある。

 

本作のロケは静岡・東京・埼玉・千葉などで敢行。その中でも、物語を象徴するシーンが撮影されたのは、静岡県浜松市内と三ヶ日町だ。

 

つばさが想いを寄せる大介(竹内涼真)との切ないメールのやりとりをするシーンは浜松駅で、吹奏楽部の仲間が緊迫のシーンを演じるのは都田第4公園で行われるなど、浜松市内に実在する様々な場所でロケが行われた。

 

特に注目なのは、つばさが通う白翔高校となった、三ヶ日町にある旧三ヶ日高等学校だ。

廃校となった高校を丸ごと使用し、教室・音楽室・グラウンド・屋上など様々なシーンが撮影された。吹奏楽部で奮闘するヒロインの姿が描かれる今作では、まさにメインロケ地である。

 

撮影中にはキャスト・スタッフに地元グルメ「三ヶ日牛バーガー」が差し入れられ、ロケ弁となった一面もあったとか。ご当地グルメとして開発された、三ヶ日牛を使ったハンバーガーは、じゅわっと滴る肉汁が感動の逸品! 三木孝浩監督もそのおいしさに感動したそう。

 image2

(これが噂の三ヶ日牛バーガー!)

 

今では三ヶ日町の複数の店舗で販売されている「三ヶ日バーガー」だが、8月27日に東京都・秋葉原UDXで行われる「全国ふるさと甲子園」でも販売が決定している。

搾りたてのような濃厚なみかん果汁を味わえる「三ヶ日みかんジュース」と一緒に味わえば、『青空エール』の撮影現場のランチ風景を疑似体験することもできるかも?

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve