ホーム > ニュース

ニュース

グルメ
2013.11.28

業界人だけじゃない! 一般にも広がりつつある「ロケ弁」

ロケ弁メインP

 映画やドラマ、バラエティの撮影現場で俳優や制作スタッフが食べているのが「ロケ弁」と呼ばれているお弁当だ。最近では、バラエティ番組などで取り上げられることも多く、気になっている人も多いのでは? そんな魅惑のロケ弁、実はオフィスや自宅で食べられるんです!

ロケ弁を手掛けるお店のほとんどが実際にお店を構えていることもあり、店頭での注文はもちろん、ウェブなどでも一般の人からの注文を受け付けているのだ。
 ロケ弁と言ってもその種類はさまざまで、和食、洋食、中華、エスニックなどバリエーションに富んでいる。なかには、食べる時に温かい状態で食べられるよう、容器に温熱仕掛けがなされた、思いやりを効かせたロケ弁もあり、そのバリエーションとともに、今注目を集めているのだ。
 そんなロケ弁について、制作者向けのロケ地検索サイト「ロケなび!」で、ロケ弁コーナーを担当する田島潤さんに、昨今のロケ弁事情を聞いてみた。「肉中心のガッツリ系のお弁当は、今もとても人気が高いですね。ただ、最近では健康志向も高まっていることもあり、魚や野菜が中心のヘルシー志向のメニューも増えています。さらに、素材にこだわっているものも多く、女優さんたちにもとても好評だそうです。また、ロケ地先となった施設の担当者が制作の方と一緒にお弁当を食べ、後日社内会議用としてロケ弁を注文するケースもあったりと、一般への波及も広がりつつあります」と話してくれた。
 ドラマやバラエティなどの現場で食べられたロケ弁を、ランチや会議で食べれば、いつもよりちょっと違ったお弁当タイムを楽しむことができるハズ!

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve