ホーム > ニュース

ニュース

エンタメ
2015.07.13

ビートたけし/西島秀俊共演の新作は、海辺のリゾートホテルが舞台

DSC_0047

 7月11日(土)、映画『女が眠る時』の製作発表記者会見が東京・青山のスパイラルホールで開かれ、ウェイン・ワン監督と主要キャストのビートたけしさん、西島秀俊さん、忽那汐里さん、小山田サユリさんが登壇した。

 

 監督・北野武として世界的に知られるたけしさんが自身の監督作以外の映画に主演するのは、『血と骨』(崔洋一監督)以来12年ぶり。
「渡辺謙です。トニー賞もらえなくて殴ってやろうと思いました」
との挨拶に始まり、自身の出演オーダーについては、ちょっと出てくれと言われたので軽い気持ちで引き受けたら、
「台本もらったら一番上に名前があるんだもん。西島君が主演と聞いてたのに」
さらに自身の演じる役については、
「変質者の役です」
と、会見は随所にたけしさんのジョークとユーモアが挟まれ、終始笑いに包まれながら進行した。

 

 物語は処女作以降ヒット作に恵まれない小説家・健二(西島秀俊)が、妻の綾(小山田サユリ)と訪れたリゾートホテルのプールサイドから始まる。初老の男・佐原(ビートたけし)が若く美しい女・美樹(忽那汐里)の体に、表情ひとつ変えず日焼け止めクリームを丹念に塗っている姿に目を奪われる健二。2人が醸し出す異様な雰囲気が脳裏から離れない健二は、やがて彼らの部屋を覗くまでになっていき…。ほんの好奇心から始まった行為が常軌を逸した行動へと変化していき、予測し得なかった結末へと突き進んでいく。

 

 映画『スモーク』で知られる香港出身のハリウッドの巨匠、ウェイン・ワン監督だが、日本映画の監督はもちろん初めて。長年映画化を温めてきた、スペイン人作家ヴィア・マリアスによる短編小説「WHILE THE WOMAN ARE SLEEPING」を日本で映画化しようとした経緯については、まだアメリカで映画化する予定だった2年前に、キャストに挙がっていた西島さんが香港に監督を訪ねて、ミーティングをしたことがきっかけだという。

 

 その日本での撮影において、メイン舞台となったのは静岡県・河津町にある「伊豆今井浜東急ホテル」。海辺の美しいリゾートホテルという設定や、演出の狙いに監督が「イメージ通り」と選んだホテルだが、伊豆半島での今回の撮影では思わぬ天恵も。ホテルでの撮影は6月半ばにクランクインして7月初頭にアップしたが、その間、天候は序盤の連日の青天からやがて曇りの日々が訪れ、クライマックスを迎える終盤には雷雨もあった。その天候の変化が、たけしさん演じる佐原の心情を表現するのに非常に効果的だったというのだ。
「佐原は観る者が共感できる主人公であり、(本作は)ヤクザ映画的な純愛映画。テーマは“裏切り”」
と、ワン監督は北野武作品へのリスペクトも込めてコメントしている。

 

◆国際映画祭や海外配給も視野に入れて進行される『女が眠る時』は、2016年に全国ロードショー。

 

(ロケーションジャパン)

 

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve