ホーム > ニュース

ニュース

ロケ地ニュース
2015.10.02

大阪の新しい楽しみ方! 食い倒れだけじゃない! クルージングで感じる水の都

kansai_mizu_osaka_02s

実は大阪は水の都だということをご存じだろうか?
大阪と言って思い浮かべるイメージはなんだろう。 「食い倒れ」「お笑い」「関西弁」…
そんなイメージを抱く方が多いはず。
しかし今、なんといっても大阪で思い浮かべなければいけないのは
「水の都」のキーワードなのだ。

天満橋・天神橋・中之島・弁天橋。場所は思い浮かばなくても、
これらのキーワーに見覚えがある人も多いのでは? 
実はこれらの場所は、ロケ地としてよく使われる場所に紐づいているのだ。

 

ドラマや映画を観ていて、気が付かないだろうか。
夜の道頓堀に写るグリコのネオンサイン、
ヒロインが「出会い」や「別れ」を繰り返すシーンによく現れる印象的な橋。
意外と知られていないことだが、大阪のメインストリートには、常に大きな水源が寄り添っている。
それはもちろんロケ地としての景観の為ではなく、大阪の日常と深い関係があるのだ。

 

大阪という都市にとって水辺は生誕の起源であり、
発展の原動力であり、大阪の暮らしは常に水辺とともにあった。

そして今大阪は、更に水辺と寄り添い水辺とともに生きる生命力あふれる都市へと進化していこうとしている!

そんな大阪を楽しめる特別なクルーズ企画をご紹介!

 

 

■『NAKANOSHIMA NIGHT VIEW CRUISE』

 

金額:大人1,200円(税込)/小学生600円(税込)
運航日:9/18(金)-10/12(月・祝) 
運行時間:18:40-/19:10-/19:40-(各約25分)
乗下船港:八軒家浜船着場

本クルーズは大人一人あたり800円の助成を受けて運航。
(地域住民生活等緊急支援のための交付金による助成)。

9/18(金)-10/12(月・祝)は「水都大阪フェス2015」を開催。
クルーズ中にラバー・ダックの展示を見られる。

期間限定で行われるナイトクルーズ!
「八軒家浜船着場」を出発して
「剣先公園の大噴水」から「難波橋」「天神橋」「川崎橋」「天満橋」を通る大阪の夜景を水辺から楽しめるスペシャル企画だ。
(コース内にある天満橋は『連続テレビ小説「純と愛」』のオープニングにも登場している)

 

 

■『水都号 アクアmini 大阪城・道頓堀コース』

 

kansai_mizu_osaka_02s

 

金額:大人1,200円(税込)/こども600円(税込)※片道料金
運航:11/8(日)までの土日祝日に運行予定。
詳細はHPで。
11月は最終便の時間が変更(他船の場合もあり)。
運航時間:大阪城港発:11時~17時までの毎05分発 湊町船着場発:11時~18時までの毎10分発
     太左衛門橋船着場発:11時~18時までの毎20分発
乗下船港:大阪城港、湊町船着場、太左衛門橋船着場※気象・河川の状況による、運休やコース変更あり。
「大阪城」「道頓堀」を結び「とんぼりリバーウォーク沿い」を巡るクルージング。
   

 

20140425_185043_97380400

 

「とんぼりリバーウォーク」は2004年に誕生した水辺の遊歩道で、
今や世界の観光名所となりつつある道頓堀の新・人気スポット。
ゆったりと流れる大川から風景や大仕掛けの「東横堀川水門」をくぐり、
「道頓堀川」では大阪の繁華街を水上から楽しめる。

 

 
kansai_mizu_osaka_04

 

■2つのコースの問い合わせ先
大阪水上バス株式会社
0570-03-5551
http://www.suijo-bus.jp/

 

普段と違う目線、すれ違う景色の速さ、聞こえてくる音、船の上で感じる大阪には陸上とはまた別の魅力がある。
そんな新発見を、この秋してみてはいかが? 

 

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve