ホーム > ニュース

ニュース

ロケ地ニュース
2016.08.22

地域FC・ロケ受入組織が大集結!一日限りの映像制作者とのマッチングイベント開催!「第2回 全国ふるさと甲子園」

日本全国から選抜された55の団体が“行きたいまちNo.1”の座を賭けて、映画やテレビなどのロケ地やご当地グルメでアピールを行う「第2回全国ふるさと甲子園」が、8月27日(土)に東京のアキバ・スクエア(秋葉原UDX 2F)で開催!各地域ごとに、ロケ×グルメでPRを行い、一般来場者の投票により、“行きたいまちNo.1”が決定した。

映像制作関係者のみなさまへ

2016年8月27日(土)秋葉原のアキバ・スクエアにてロケ誘致をしている55地域が全国から集まる「全国ふるさと甲子園」が開催されます! 撮影に関する相談がその場でできる、地域と制作者のマッチングイベントです。

 

Q.行ったらどんなメリットがあるの?  
A.「制作者の方に会いたい!」ロケ誘致に積極的な55地域と、一気にネットワークを構築できます。  
A. 今、どこの地域がロケしやすいか(ロケ場所、協力体制、食情報など)詳細に知ることができます。

 

さらに詳しく……

 

ポイント①【制作者向け「マッチングカード」の配布(※ロケなび!プロデュース)】

 

各出展団体ごとに、制作者マッチングカードと言う物をご用意しております。(下:イメージ図)。

こちらは名刺と交換という形で各ブースにてお渡ししており「窓口担当者」「おすすめの撮影場所」「宿泊施設情報」「飲食店・弁当情報」「エキストラ・炊き出し等の協力体制」など、地域撮影に関わる情報を細かく明記したカードとなっており、今後のロケ場所探しにおいてお役立て頂けるカードである事は間違いないです。

 

 マッチングカード 

 

 

 

ポイント②【FCだけではない!これからロケ協力していこうという団体も出展!】

 

通常のFCのイベントとは違い、これから撮影協力を積極的に行っていこうという、新進気鋭の地域や団体も数多く出展しております。

まだ、撮影で色の付いていない地域や団体といち早く関係を構築し、新しいネットワークとしてお付き合いしていって頂けるチャンスです。

 

 

 

ポイント③【国と行政、映画監督もバックアップという信頼感】

 

ふるさと甲子園・応援決起人として、下記の方々がバックアップしているイベントです。

 

堤幸彦監督
本広克行監督
山崎貴監督
大友啓史監督
松竹株式会社 迫本淳一代表取締役社長
株式会社ホリプロ 堀義貴代表取締役社長CEO
毎日映画社 長谷川篤相談役 他多数

 

是非、この機会に新しいロケ協力地域の開拓を行って下さい!!

 

 

 

お申し込み方法

 

【申込方法】
インターネットで、事前にチケットを購入ください。
残りあとわずか!購入はこちらから↓↓
http://furusato-koshien.jp/about/#ticket

 

 

【映像制作関係者への注意事項】
本イベントではご当地グルメやお土産などの販売もしており、一般の来場客も多くいらっしゃいます。

イベント当日、映像制作関係者様には「映像制作関係者ステッカー」をお渡し致しますので、『映像制作関係者受付』までお越しください。
(※場内では下記ステッカーに、左胸もしくは左肩部に貼付ください。)

各出展団体はこのステッカーを確認した上で、あなたが映像制作関係者であるという事を認識し、マッチングカードの交換、ロケに関する情報を積極的に提供して下さいます。

 

制作者用ステッカー

 

 

【本イベントに関するお問い合わせ】
㈱地域活性プランニング 
ロケーションジャパン編集部
TEL:03-5157-0567 
(「ふるさと甲子園について質問」とお伝えください)

 

 

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve