ホーム > ニュース

ニュース

エンタメ
2018.12.26

2019年、英語力を磨くなら“マルタ留学”でキマリ!

111

2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピックが目前に迫る中で、今大人気なのが語学留学。「訪日観光客とスムーズにコミュニケーションを取りたい」といった女性たちが、こぞって短期間留学に行っているという。なかでもロケーションジャパンが注目したのは、バカンスもしっかり楽しめて、英語漬けになれる地中海に浮かぶ小さな島国“マルタ”。ここは、映画『グラディエーター』や『トロイ』を始めとした、中世を舞台にした物語や、映画『白い帽子の女』などといったセレブのバカンスの地として、様々な作品が撮られていることで有名。ヨーロッパのミニハリウッドと言われるほど、ロケ地としても有名な国マルタに日本人の留学生が増えているというからおもしろい。

01

公用語は英語!車は右ハンドル!
地中海の中心に浮かぶマルタの歴史は約7000年前からと非常に古い。幾度も他国からの攻撃にあい、占領されてきた歴史や文化が、今も色濃く残っている。最後にイギリス領になっていたことから、車は右ハンドル。ヨーロッパ圏内にありながら公用語も英語なのだ。イタリアへも2時間ほどで行けるので、地中海を起点にさまざまな場所へ小旅行するのもいいかも。マルタストーンと呼ばれる肌色の明るい石で町全体の建物が統一されている風景が人気で、首都ヴァレッタは世界遺産にも登録されている。

02

バカンスは、島から島へ!

車で1時間ほどで、さまざまな絶景スポットを回れるのもこの国の凄いところ。なんと、山がないので川もなく、海に流れ込むプランクトンの繁殖が他国に比べて少ないことから、あのコバルトブルーの透明度が叶うそう。お気に入りの浜辺を見つけて島に渡り、その周辺で滞在する人も多いという。

 

03 04

眠らない街パーチャビル。
夜中でも安心して楽しめる。
絶景、中世の世界、美しい海!と、とにかくバカンスなイメージを持ちがちだが、若者の街セント・ジュリアンにあるパーチャビルはちょっと違う。 夜になると、町全体がクラブと化し夜通しパーティアイランドのように賑わう。治安は良いが、飲みすぎには注意が必要!

05

日本人女性におすすめの
レストランやBAR
とにかく賑わう町の中でも、ゆったり寛げるBARも人気。ガイドさんが教えてくれたのは、伝統料理が楽しめて間違いないという「Ta‘Kolina」ほか2店舗だ。

 

「Ta‘Kolina」

うさぎを使った肉料理や、豆を使った伝統料理など、お腹いっぱい楽しんでもリーズナブルなところがうれしい。マルタのレストランのほとんどは、何か注目すると必ずと言ってよいほどパンがセットでついてくる。かなりのサービスに最初は面食らう人も少なくないそう。

06r

 

「Prohibition」

ここはイケメンのバーテンダーが色々話ながらシェイカーを振ってくれる、女子には嬉しいお店。店内に大きな時計の装飾があって、とってもおしゃれ! 好みを伝えたら、自分にあったアレンジのドリンクを作ってくれるから、友達同士で飲み比べするのもおすすめだ。

10

 

「MILA’S KITCHIN」

パーチャビルのど真ん中にあるホテルの1階。外はかなり騒がしいが、中に入ると紳士的なバーテンダーさんが優しく迎えてくれる。こちらは、かなり珍しいライナップが揃っているので、色々チャレンジしてほしい。玄関を抜けたとたんに都会の喧騒から離れる感覚が楽しい。

13

プール付きのBARも発見!
DJブースから大迫力の音量で音楽が流れ、プールサイドで踊ったり、語らったり。ホテルの屋上には、パーチャビルの町には、こういったプールが多く常設されているので、くまなくチェックしてほしい。行く前には、入口の場所と営業時間のチェックな入念に!

16

夜も昼も、都会的な遊びもバカンスも楽しめるマルタ。日本人女性が安心して滞在できる国として、今後注目が高まりそうだ。

 

 

 

 

 

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve