ホーム > ニュース

ニュース

グルメ
2020.03.13

島根県松江市のイチオシのお土産品!「どじょう掬い饅頭」

20200226103701_dojo

■島根県松江市ってどんなとこ?

20200227063942_matsue
島根県松江市のシンボルとして愛されている松江城
島根県松江市は、山陰の中央に位置します。古代出雲の中心地として早くから開け、江戸時代には唯一の政党天守閣ともいわれている国宝、松江城の城下町として長きにわたり栄えました。また、松江市は多様な水域に恵まれた水郷都市でもあり、“水の都”とも呼ばれております。宍道湖の風景は「日本夕陽百景」にも選ばれた美しい夕陽を見ることができるなど、自然が創りだす広大な風景を望むことができます。

20200227063958_matsue1

宍道湖に沈む夕日は多くの人を感動させる絶景に!

 

■松江に来たら食べたいグルメ

20200226105240_sabasyabu

さばしゃぶ:島根沖で獲れる新鮮なサバを醤油ベースのダシで味わう鍋料理。

 

20200226045201_simane_dojyo_musizusi

むしずし:せいろの中にタケノコと椎茸を刻んで混ぜた酢飯を詰め、その上に海老や鰻。牛肉のしぐれ煮などといった具材を載せて蒸し上げた松江名物。

20200226045211_simane_dojyo_odon

松江おでん:各店舗で独特の味付け・具材が展開され、大皿に持って食べたり、葉ものが入る地方色がある。

 

そんな松江市に訪れた際に一度は食べて欲しい!ユニークな銘菓をご紹介。
キュートなひょっとこ!山陰銘菓「どじょう掬いまんじゅう」

20200226103701_dojo
「あらえっさっさー」の合いの手でお馴染みの、安来節に合わせて踊る「どじょう掬い踊り」。そこで使用する“ひょっとこのお面”と青い水玉模様の手ぬぐいをモチーフにした、愛らしい形と白あんの優しい甘さで50年を超えて親しまれている山陰地方を代表する銘菓、「どじょう掬いまんじゅう」。ご覧いただきたいのがその見た目。なんとも愛らしく食べるのがもったいなくなってしまいそう…。

 

実は、映画・ドラマの撮影隊からも人気でお土産品として購入されたり、さらにはTBSドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』でもひょっこり登場していたとか!!?そんなキュートな「どじょう掬いまんじゅう」。松江市に訪れた際には是非お土産にいかがでしょうか?

 

そんな松江市はロケ地としての評価も高く、最近では日本テレビで放送のドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」ロケ地にもなりました。主演・藤ヶ谷太輔が、繊細な手先で真摯に家具に向き合う家具職人・須藤壱晴を演じるストーリー。
藤ヶ谷太輔主演「やめるときも、すこやかなるときも」撮影レポート
重要な地・松江ロケ敢行!(2020.02.19 公開)
https://www.ntv.co.jp/tomoniikiru/articles/4312b2ydu357o0rs640.html
(藤ヶ谷太輔主演「やめるときも、すこやかなるときも」重要な地・松江ロケ敢行!)

 

■「どじょう掬いまんじゅう」の製造メーカー
会社概要
会社 :中浦食品株式会社
創業 :貞享3年(1686年)
所在地:〒699-0109 島根県松江市東出雲町錦浜583-41
こちらからも購入できます!

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve