ホーム > インタビュー&コラム

インタビュー&コラム

八木亜希子さんがインタビュー!

ドラマ『陸王』

「僕がTBSに入社するきっかけは八木さんだったんですよ」
伊與田プロデューサー

「『陸王』でようやくご一緒できてよかったです」
八木亜希子さん

p-056-02

 

 

2017年10月期に放映されて話題を呼んだTBSのドラマ『陸王』。
そのナレーションを担当したのが、われらが八木亜希子さんです。
そこで今回は、原作者の池井戸潤さん、演出の福澤克雄さんとのトリオで『半沢直樹』『下町ロケット』、そして本作とヒットを飛ばし続ける伊與田英徳プロデューサーに八木さんが話をうかがいました。
話題は2人の〝因縁〟から制作秘話、ロケ地まで盛りだくさん。「エンタメ(笑)トーク」開幕です!

 

念願かなって出演オファー
試行錯誤のナレーション?!

 

八木亜希子さん(以下:八木):今日はよろしくお願いします。

伊與田プロデューサー(以下:伊與田):こちらこそ。憧れの八木さんと対談できるなんでドキドキですよ。

八木:そんな(笑)。

伊與田:『陸王』ではナレーションをありがとうございます。実は、ずっと以前からオファーしたいと思っていたんです。ただ、スケジュールがなかなか合わず、お願いできずにいました。

八木:ということは、今までも私は素敵なヒット作に関われる機会があったということですね。今回ようやくご一緒できてよかったです。

伊與田:僕が東京に来るきっかけも八木さんなんですよ。

八木:え〜っ? いろんな人にそんなこと言っているんじゃないですか(笑)。

伊與田:ホントです、ホント。

八木:大学ご卒業後、最初は名古屋にお勤めだったんですよね。

伊與田:そうです。ドラマが作りたくて東京のテレビ局の入社試験を受けたんですが、すべて落ちて生まれ故郷の愛知県に戻り、番組制作会社に入社したんです。そこで深夜ドラマは作っていましたが、本格的なドラマを作りたい気持ちは強かった。そんなときに八木さんがナレーションをされているドキュメンタリー番組を観たんです。

八木:何の番組かしら。

伊與田:1944年の東南海地震時の新聞記者を追ったもので、被災地支援を呼びかけるため記事を書こうとすると、アメリカへの情報漏洩を恐れる軍に止められるという悲しい話。

八木:「NONFIX」(CXのドキュメンタリー番組)かもしれませんね。

伊與田:とにかくこのときの八木さんのナレーションがすごくよくて。それで、この記者の無念をドラマで描きたいと企画書を書き、TBSに提出したら、それが通ってキャリア採用になったんです。

八木:そうだったんですか! そんなに思っていただいていたのに、今回の『陸王』でご期待に応えられたかどうか。最初すごく試行錯誤したんですよ。

伊與田:ご苦労をおかけしました。僕は、八木さんの声のやさしい感じがいいなと思ってオファーしたんですが、演出の福澤克雄が、いつもの八木さんと違う低い感じを聞いてみたいと言いまして。

 

 

(続きは本誌を御覧ください)

button2

 

 

 

 

ドラマ『陸王』

【Story】
埼玉県行田市の老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一は、年々先細る足袋の需要を前に有効な手を打てずにいた。しかし銀行担当者とのやり取りをきっかけに、足袋製造技術を活かした「裸足感覚」のランニングシューズの開発に挑み始める。従業員20名余りの零細企業を襲う幾度もの危機。何度も挫けそうになる宮沢だが、家族や従業員、取引先、銀行担当者、新たな人脈に救われて前に進んで行く。

 

【作品詳細】
TBSドラマ『陸王』
原作:池井戸潤「陸王」(集英社)
脚本:八津弘幸
演出:福澤克雄、田中健太
プロデューサー:伊與田英徳、飯田和孝、川嶋龍太郎
ナレーション:八木亜希子
キャスト:役所広司、山﨑賢人、竹内涼真、上白石萌音、風間俊介、音尾琢真、和田正人、佐野岳、馬場徹、桂雀々、阿川佐和子、志賀廣太郎、光石研、キムラ緑子、檀ふみ、市川右團次、ピエール瀧、寺尾聰ほか
◆2017年10月15日〜12日10日毎週夜9時〜TBS系日曜劇場枠で放送

【PROFILE】

伊與田英徳プロデューサー
1967年生まれ。東京理科大学基礎工学部材料工学科卒業。名古屋の番組制作会社を経て、1998年、TBSにキャリア入社。映画『命』でプロデューサーデビュー。ドラマでは『ブラックジャックによろしく』『ヤンキー母校に帰る』などで注目を集め、以降も『半沢直樹』(13)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(14)、『下町ロケット』『赤めだか』(15)、『小さな巨人』(17)など続々ヒットを世に送り出す。映画『祈りの幕が下りる時』が控える。

 

八木亜希子さん
神奈川県出身。フジテレビアナウンサーとして活躍したのちフリーランスに。キャスター、女優。フォニックス所属。かながわ観光親善大使も務める。ニッポン放送『八木亜希子 LOVE&MELODY』ほか、女優としても、映画『みんなのいえ』(01)、連続テレビ小説『あまちゃん』(13)、ドラマ『昼のセント酒』(16)、大河ドラマ『真田丸』(16)、ドラマ『カルテット』(17)、映画『サクラダリセット』(17)、ドラマ『トットちゃん!』(17)ほか出演、ドラマ『陸王』ナレーション。

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve