ホーム > ニュース

ニュース

地域
2016.09.14

地域×映画の祭典!今週末はちちぶ映画祭へ

ポスタービジュアル

今年で第4回を迎える「ちちぶ映画祭2016」が今週末、9月18日(日)と19日(月・祝)に開催される。

この映画祭では、埼玉県・秩父の観光地としての魅力のみならず、「映画の聖地=秩父」として様々な人たちに愛されてきたことをアピールする場となっている。今年は昨年以上にバラエティに富んだ、ファミリーからカップル/地元の方々から秩父を訪れる方々まで、あらゆる方々に楽しんで頂ける、魅惑と珠玉の上映作品が揃った。秩父ゆかりの作品(秩父で撮影/秩父が舞台)をはじめ、秩父へとつながる西武線沿線が舞台の作品が存分に楽しめる。

チラシ(表)

 

メイン会場/映画祭コート、各会場での上映作品は以下の通り。(全9作品)

■メイン会場
『男はつらいよ 望郷篇』(山田洋次監督/渥美清主演)
『遥かなる山の叫び声』(山田洋次監督/高倉健主演)
『太陽』(入江悠監督/神木隆之介主演)
『あん』(河瀬直美監督/樹木希林主演)
『海よりもまだ深く』(是枝裕和監督/阿部寛主演)
『心が叫びたがってるんだ』(長井龍雪監督)

■映画祭コート
『リトル・フォレスト 夏・秋』(森淳一監督/橋本愛主演)
『リトル・フォレスト 冬・春』(森淳一監督/橋本愛主演)
『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』(長井龍雪監督)

 

チラシ(中)

 

今年も全上映入場料無料。

さらに、「ちちぶ映画祭“ご当地グルメの旅”」と題して、映画祭開催の2日間、映画とともに秩父地域の凄腕シェフ達による地元グルメを堪能できる、キッチンカー&テントを会場外に設置。また、今話題の秩父の新たな名スポット「MAPLEBASE(メープルベース)」(秩父ミューズパーク内)でのレストラン「Salvage」オーナーシェフ坪内氏による野外レストランを2日間限定で楽しめるグルメ体験も展開する予定。

映画鑑賞、秩父グルメ、そして秩父観光の、ちちぶが誇る魅力的かつ良質な三味を絶妙にブレンドし、「鉄道」で結ばれた地元と沿線からのお客様と一体になり、映画を中心とした地域と季節に根付いた祝祭的な空間になっているちちぶ映画祭。

特別な物語に出会える素敵な2日間を過ごしに、秩父へ出かけてみてはいかが?

 

【関連記事】

 

9月15日発売!ロケーションジャパン77号「あの小説が!? このロケ地、とり肌もの!」

 

三重発地域ドラマ『ラジカセ』。伊賀に住む「家電収集家の男」を滝藤賢一が演じる!

 

業界人お墨付きの味を楽しめる「ロケ弁BOOK」が9月1日創刊!

映画『秋の理由』予告解禁 60代を迎えた男の友情と人生の“秋”を描く

 

大竹しのぶが怪演! 大阪府南部で撮られた強かな女の一生『後妻業の女』

 

 

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve