ホーム > ニュース

ニュース

LJリサーチ
2014.03.20

『あまちゃん』朝ドラ三冠王

FH000016_R

 4月に始まる『花子とアン』で90作品目の節目を迎える朝ドラ。50年以上、毎朝日本中のお茶の間に笑顔と元気を届け、それぞれの作品がたくさんの社会現象を巻き起こしてきた。それだけに、「“一番人気”の作品って何だろう?」と気になる人も多いのでは? そんな声にお応えして、2,000人に一番好きな「作品」「ヒロイン」、行ってみたい「ロケ地」をアンケート!

 なんと、3部門とも1位に輝いたのは、2013年に「じぇじぇじぇ!」旋風を巻き起こした『あまちゃん』!作品自体は「登場人物が魅力的で、たくさん笑えて感動もできる」という声が多く、ヒロインのアキ(能年玲奈)には「見ていて元気が出てくる」と好感度大。ロケ地になった岩手県久慈市には、「三陸海岸のとれたてのウニを食べてみたい」「お座敷列車に乗ってみたい」とコメントが。実際、ドラマをきっかけに一気に注目の的になり、放送期間中の週末は常に交通規制されるほどだった。「終わるのが悲しかった」と“あまロス”現象も生み出したほどの熱狂ぶりは伊達ではない!

 また「好きな作品」の2位は、「ごはんがおいしそう」「心が温まる」と放送終了が惜しまれている『ごちそうさん』、3位は「家族のありがたさやおばあの存在が印象的」という意見が多かった『ちゅらさん』。

 「好きなヒロイン」の2位は、前向きでへこたれない姿で共感を呼んだ『ごちそうさん』のめ以子(杏)、3位は健気な姿が日本中の涙を誘った『おしん』のおしん(小林綾子)。「好きな作品」とほぼ同じ結果になったことから、作品人気=ヒロイン人気と言えるかも。

 「行きたいロケ地」2位は「海が綺麗で自然がいっぱい」と憧れを掻き立てた『ちゅらさん』の沖縄県、3位は「緑が瑞々しく、絵画みたいに綺麗」と癒しを振りまいた『おひさま』の長野県安曇野市・松本市・大町市など。

 『あまちゃん』が三冠を獲得したものの、票がばらけたのが印象的だった本調査。作品の数だけ感動をくれる朝ドラ、改めて好きな作品を観直してみては?

<アンケート内容>
■連続テレビ小説で、最も好きな作品は何ですか。
■連続テレビ小説で、最も好きなヒロインは誰ですか。
■連続テレビ小説で、行ってみたいロケ地はどこですか。
(質問対象:全国の20~50代の女性 有効回答者数:2,000人)

連続テレビ小説で、最も好きな作品は何ですか。
1位『あまちゃん』
2位『ごちそうさん』
3位『ちゅらさん』
4位『おしん』
5位『カーネーション』

連続テレビ小説で、最も好きなヒロインは誰ですか。
1位『あまちゃん』天野アキ(能年玲奈)
2位『ごちそうさん』西門め以子(杏)
3位『おしん』谷村しん(小林綾子)
4位『ちゅらさん』古波蔵恵里(国仲涼子)
5位『カーネーション』小原糸子(尾野真千子)

連続テレビ小説で、行ってみたいロケ地はどこですか。
1位『あまちゃん』岩手県久慈市
2位『ちゅらさん』沖縄県
3位『おひさま』長野県安曇野市・松本市・大町市など
4位『ゲゲゲの女房』鳥取県境港市
5位『おしん』山形県酒田市

FH000016_R
作品人気、ヒロイン人気、ロケ地人気、すべて1位は『あまちゃん』! ロケ地の岩手県久慈市では、今も続々と“新あまスポット”が登場している。

DSC_0875_R DSC_0836_R

(ロケーションジャパン)

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve