ホーム > ニュース

ニュース

ロケーションジャパン
2019.09.13

「権利処理」の駆け込み部屋 VOL.2

権利処理アイキャッチ

ロケーションジャパンの人気連載、「権利処理」の駆け込み部屋をWEBで一挙公開!「撮影風景を写真で撮ってもいいの?」「お店の宣伝に使ってもいいの?」など、ロケの受け入れを行う自治体担当者やお店などから届く「権利処理」の疑問に対して、田中康之さんと國松崇さんが回答してくださいます!

 

Q
映画の撮影で、勤務先のホテルが使われました。
映画『●●●』に出たとフロントに掲出したり、
HPで紹介したりしたいのですが可能でしょうか?
また、該当シーンの画像をもらうのは
どうしたらよいでしょうか?

 

 

A

NG!& OK!

ホテルで映画の撮影が行われたケースですが、公開前と公開後によって対応が異なります。また、映画の演出によってはロケ場所を公開したくないケースもありますのでNG ! です。ロケツーリズムとして利用したいのであれば、撮影協力の申し込み時点で「撮影条件」として明確に撮影側に伝えて了解を得ればOK ! です。手順としては、ロケ撮影事前確認書「三種の神器」である「ヒアリングシート/規約書」を交わして掲示承認を受け、撮影シーン写真の貸出しを依頼しましょう。決して自分たちで撮影した写真は使わないで下さい。貸出しを受けたら利用条件を守り効果ある掲示をしましょう。

 

 

 

■回答者プロフィール

権利処理_20190912_01 (1)

 

 

■この連載が掲載されているバックナンバーの購入はこちら

 

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve