ホーム > ニュース

ニュース

グルメ
2020.03.13

春の訪れを告げる富山の旬”ホタルイカ”!

my_image

■富山県ってどんなところ?

富山県は、南北にのびる日本列島の中心、本州の中央北部に位置しています。植生自然比率は本州一で美しく豊かな自然環境にも恵まれ、四季の移り変わりが鮮明です。また、“天然のいけす“と称されている富山湾は四季を通じて旬の味覚を運んでくれるまさに魚介の宝庫です。そんな富山湾で獲れる代表的な魚介の一つとして挙げられるのはホタルイカ!

20200226115116_tiikishashin3
富山湾から3,000m級の山々を眺める立山連峰の景観絶景

 

■富山県のホタルイカとの関係
富山県産のホタルイカは産卵のために富山湾にやってきた卵をもった雌が多く、身が大きくふっくらしているのが特徴です。富山のホタルイカ漁は期間が3月上旬から5月までに定められ、漁が解禁されるのは毎年3月1日です。養殖が極めて困難であることから獲れたての”海の幸”を味わうことができるのは春だけと、この時期だけの美味しさ!

20200226115428_20190228042037_ホタルイカ漁船
夜明け前の海で繰り広げられるホタルイカの漁は圧巻!
地元の富山県では、「ホタルイカを食べると春が来たと感じる!」と言われているほど、ホタルイカはまさに「春の使者」として地元に根付いた食文化。また、富山の人々は「新鮮」のことを「きときと」と言い、春先のこの時期に富山に足を運べば「きときとなホタルイカ」を味わうことができます。

20200226115540_20190228050235_キャプチャ

 

ホタルイカの旨み抜群!(富山県 川村水産)
秘伝の醤油に漬けこんだ沖漬けはモンドセレクション金賞受賞商品。
”旬のホタルイカ”の食べ方のバリエーションは豊富!
刺身で食べるのはもちろん、焼いても良し、しゃぶ鍋にしても良し、天ぷら、酢味噌和え、釜飯などバリエーション豊富!これから旬を迎えるホタルイカを、皆さんも富山へ足をのばして地元の新鮮なホタルイカを食べてみるのはいかがでしょうか?
この逸品をご紹介!コクのある濃厚な味がたまらない!「ほたるいか沖漬」
新鮮なほたるいかを醤油とみりんを加えて深層水に仕込み、コクと旨味をのせた塩辛です。温かいご飯との相性は抜群です。また、大根おろしや生姜などと一緒にお召し上がりいただくと、サッパリした風味でまた違った味わいでお楽しみいただけます。

20200226121848_toyama

 

ロケーションジャパン(98号)からは、「ホタルイカの沖漬け」のプレゼントに応募できます!
http://locationjapan.net/present/

 

■富山名物・ホタルイカ漁が楽しめる! 「ホタルイカ海上観光」
富山県屈指の漁獲量を誇る滑川漁港から出港し、定置網によるホタルイカ漁を観光船から見学体験ができる。幻想的にきらめくホタルイカの神秘の光や、現地の漁師たちの様子など、普段見ることができない貴重な体験ができます!
ホタルイカ海上観光の詳細はコチラから(※3月31日(火)まで自粛)
https://hotaruikamuseum.com/tour

 

■東京で富山に出会える!!「日本橋とやま館」とは!?
富山の地酒や料理を楽しめる和食レストラン、バーラウンジ、富山の名産品が買えるショップのほか観光交流サロンを兼ね揃えた、東京の富山情報発信拠点。

日本橋とやま館:東京都中央区日本橋室町1-2-6 日本橋大栄ビル1階

 

■「立山連峰」「富山湾」「黒部峡谷鉄道」など大自然の見どころ満載!
ロケハンや撮影の立ち会いまで、映像制作の支援のサービスを柔軟に!

20200226120833_tiikishashin1
3000m級の山々が連なる「立山連峰」、日本一深いV字峡を行く「黒部峡谷鉄道」などの自然風景と魅力あるロケーションがたくさんあります。自然の魅力溢れる富山県のロケをサポートする、富山県ロケーションオフィスは、映画やドラマなどのロケ候補地の情報提供から、ロケハンや撮影の立ち会いまで、映像制作の支援に関するサービスを行っています!富山県にロケのご相談下さい!
富山県ロケーションオフィス(富山県 観光振興室内)TEL.076-444-6789

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve