ホーム > ニュース

ニュース

お知らせ
2019.11.12

「第10回ロケーションジャパン大賞」ノミネート作品×地域を発表!

ロケーションジャパン大賞

「ロケ地から日本を元気に!」をテーマに、日本全国のロケ地を追ってきたロケーションジャパンが、この年もっとも人を動かし、まちの観光を活性化させた作品と地域に贈る「第10回ロケーションジャパン大賞」のノミネートを発表します! (写真は「第9回ロケーションジャパン大賞」授賞式の様子)

今回で10回目を迎える「ロケーションジャパン大賞」。

今後、各界の著名人を審査委員に迎え、更には一般読者を対象にしたアンケートを実施し、「支持率」「ロケの支援度」「行楽度」「地域の変化」の4つの指標から、ロケーションジャパン大賞を決定します。

 

 

「第10回ロケーションジャパン大賞」ノミネート発表!

厳正な判断基準のもと選ばれた「作品×地域」のノミネートは下記の通りです。
あなたが行きたくなった「作品×ロケ地」をお選び下さい!

投票は下記のボタンをクリック!

 

 

 

連続テレビ小説『なつぞら』
ロケ地:北海道十勝エリア ほか
出演:広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人 ほか
戦後北海道で育ったなつ(広瀬すず)は少年・天陽(吉沢亮)との出会いをきっかけにアニメーション制作を目指す。ロケ地・北海道の大自然が話題に。

 

 

 

大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』
ロケ地:熊本県玉名市、茨城県つくばみらい市 ほか
出演:中村勘九郎、阿部サダヲ ほか
日本初のオリンピック選手・金栗四三(中村勘九郎)と、東京オリンピック招致に尽力した田畑政治(阿部サダヲ)の2人は、東京オリンピックの実現に尽力する。

 

 

連続テレビ小説『スカーレット』
ロケ地:滋賀県甲賀市 ほか
出演:戸田恵梨香、北村一輝、冨田靖子 ほか
大阪で働き故郷の信楽に戻った喜美子(戸田恵梨香)は、地元の信楽焼にひかれ陶芸の世界に飛び込んでいく。

 

 

 

ドラマ『きのう何食べた?』
ロケ地:東京都葛飾区 ほか
出演:西島秀俊、内野聖陽 ほか
弁護士・筧史朗(西島秀俊)と美容師・矢吹賢二(内野聖陽)が織りなす毎日を描いた作品。メインの食と共に同性愛や家族の形についても深く描かれた。

 

 

 

ドラマ『今日から俺は!!』
ロケ地:栃木県足利市、群馬県前橋市 ほか
出演:賀来賢人、伊藤健太郎、清野菜名 ほか
千葉県軟葉高校周辺を舞台に三橋貴志(賀来賢人)と伊藤真司(伊藤健太郎)が様々な出来事を巻き起こす伝説のツッパリ漫画をドラマ化したヒット作。

 

 

 

ドラマ『孤独のグルメ Season8』
ロケ地:群馬県藤岡市、埼玉県新座市、鳥取県鳥取市 ほか
出演:松重豊 ほか
輸入雑貨商を営む井之頭五郎(松重豊)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様子が描かれる人気シリーズ。登場する店舗は全て実在。

 

 

 

ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』
ロケ地:埼玉県比企郡小川町、千葉県茂原市 ほか
出演:菅田将暉、永野芽郁、片寄涼太 ほか
卒業10日前に担任教師・柊(菅田将暉)がクラス29人全員を人質に立てこもりを始める。その真意は思いもよらないものだった…。

 

 

 

ドラマ『少年寅次郎』
ロケ地:東京都葛飾区柴又 ほか
出演:井上真央、毎熊克哉、泉澤祐希 ほか
『男はつらいよ』の山田洋次監督が原作の寅さんの少年時代を描いた作品。寅さんの出生の秘密やおなじみの舞台・柴又も登場。

 

 

 

ドラマ『セミオトコ』
ロケ地:東京都西東京市、東京都国分寺市 ほか
出演:山田涼介、木南晴夏、今田美桜 ほか
さえないアラサー女子(木南晴夏)の前に現れ「7日間あなたの望みを叶える」と言った美青年(山田涼介)は実はセミの化身だった!

 

 

ドラマ『中学聖日記』
ロケ地:埼玉県狭山市、静岡県下田市、静岡県西伊豆町 ほか
出演:有村架純、岡田健史、町田啓太 ほか
新人中学校教師で婚約者もいる末永聖(有村架純)は生徒の黒岩晶(岡田健史)に強い想いを寄せられ、心が揺れ動く…。

 

 

 

ドラマ『凪のお暇』
ロケ地:東京都立川市、東京都日野市 ほか
出演:黒木華、高橋一生、中村倫也 ほか
周りの空気を読みすぎ過呼吸で倒れてしまった大島凪(黒木華)は、全てを捨てて、人生をリセットして新たな生活を始める。

 

 

 

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』
ロケ地:東京都府中市宮西町、埼玉県鴻巣市 ほか
出演:大泉洋、松たか子、上川隆也 ほか
出世コースから外れたサラリーマンが低迷するラグビー部と再起をかけて戦うことに!原作の舞台・東京都府中市で撮影された。

 

 

 

ドラマ『パーフェクトワールド』
ロケ地:東京都調布市、長野県北佐久郡軽井沢町 ほか
出演:松坂桃李、山本美月、瀬戸康史 ほか
事故で下半身不随になった鮎川樹(松坂桃李)は人生の全てを諦めていたが、川奈つぐみ(山本美月)と再会し、変わっていく。

 

 

 

映画『キングダム』
ロケ地:静岡県裾野市 ほか(ロケーションジャパン大賞は日本のロケ地を対象とするため中国ロケは含まない)
出演:山﨑賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、大沢たかお ほか
大ヒット漫画の実写化。春秋戦国時代の秦の国で戦災孤児の信(山﨑賢人)と中華統一を目指す王・嬴政(吉沢亮)が繰り広げる壮大な物語。撮影は中国のほか日本でも行われた。

 

 
映画『アルキメデスの大戦』
ロケ地:兵庫県神戸市、広島県呉市、茨城県水戸市 ほか
出演:菅田将暉、柄本佑、浜辺美波、舘ひろし ほか
戦中の日本、天才数学者櫂直(菅田将暉)は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いの変わり者だった。巨大戦艦「大和」の秘密に迫るため、天才数学者VS海軍の頭脳戦が始まる…。

 

 

 

映画『アイネクライネナハトムジーク』
ロケ地:宮城県仙台市 ほか
出演:三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬 ほか
会社員の平凡ながら美しい日常を描いた物語。原作者・伊坂幸太郎と斉藤和義の交流で生まれた作品。オール仙台ロケで撮影された。

 

 

 

映画『居眠り磐音』
ロケ地:大分県杵築市 ほか
出演:松坂桃李、木村文乃、芳根京子 ほか
江戸・長屋暮らしの優しい浪人・坂崎磐音(松坂桃李)は、用心棒として働く中で幕府の関わる陰謀に巻き込まれていく。磐音は過去の哀しみを胸に、江戸で出会った人たちを守るため悪に立ち向かう。

 

 

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』
ロケ地:東京都調布市、東京都江東区 ほか
出演:田中圭、林遣都、沢村一樹、志尊淳、吉田鋼太郎 ほか
Twitter世界トレンド1位の人気ドラマシリーズが映画になって帰ってきた。同性同士の3角関係が5角関係に!?春田創一(田中圭)の恋の行方は…。聖地には今もファンが多く訪れている。

 

 

映画『君は月夜に光り輝く』
ロケ地:富山県 ほか
出演:永野芽郁、北村匠海、甲斐翔真 ほか
高校生の岡田卓也(北村匠海)は、入院中の同級生・渡良瀬まみず(永野芽郁)に出会うが、彼女は「発行病」という不治の病だった。卓也は彼女の願いを代わりに実行する代行体験を行うことになる。

 

 

映画『今日も嫌がらせ弁当』
ロケ地:東京都八丈島 ほか
出演:篠原涼子、芳根京子、佐藤隆太 ほか
反抗期の娘・持丸双葉(芳根京子)に母親・持丸かおり(篠原涼子)はお弁当で立ち向かうが、やがてそれは二人の大切な絆になっていく…。物語の舞台・八丈島でも撮影が行われた。

 

 

映画『さよならくちびる』
ロケ地:北海道函館市、大阪府大阪市 ほか
出演:小松菜奈、門脇麦、成田凌 ほか
デュオ「ハルレオ」のハル(門脇麦)とレオ(小松菜奈)の「解散」を巡る青春音楽映画。解散全国ツアーにあわせ、北海道や大阪など各地で撮影が行われた。

 

 

映画『最高の人生の見つけ方』
ロケ地:長崎県、千葉県いすみ市 ほか
出演:吉永小百合、天海祐希、ムロツヨシ ほか
余命宣告を受けた主婦・北原幸枝(吉永小百合)と女社長・剛田マ子(天海祐希)の二人は少女が残した「死ぬまでにやりたいことリスト」をするうちに生きる幸せを見つけていく。

 

 

映画『最初の晩餐』
ロケ地:長野県上田市 ほか
出演:染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏 ほか
父が亡くなり葬儀のために帰郷した東麟太郎(染谷将太)や姉の美也子(戸田恵梨香)は、父の通夜の席で、母の手料理を食べていく中で家族のさまざまな過去を思い出していく。

 

 

映画『劇場版 そして、生きる』
ロケ地:東京都調布市・岩手県盛岡市、宮城県気仙沼市 ほか
出演:有村架純、坂口健太郎、知英 ほか
2011年に東北で出会った2人の男女・瞳子(有村架純)と清隆(坂口健太郎)は東北と東京を舞台に過酷な運命のもとで生きていく人生を描いた感動作。

 

 

映画『デイアンドナイト』
ロケ地:秋田県鹿角市 ほか
出演:阿部進之介、安藤政信、清原果耶 ほか
父の自殺で実家へと帰った明石幸次(阿部進之介)が児童養護施設の人々と触れ合い、善悪の境界線を見失っていく物語。全編秋田県で撮影された。

 

 

映画『翔んで埼玉』
ロケ地:埼玉県、東京都 ほか
出演:二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介 ほか
東京都民から迫害を受ける埼玉県民たちは、謎の転校生・麻実麗(GACKT)の出現により大きく変わっていく。壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と麗は東京に立ち向かうが、果たして埼玉の未来はどうなるのか。

 

 

映画『七つの会議』
ロケ地:神奈川県綾瀬市、埼玉県行田市 ほか
出演:野村萬斎、香川照之、及川光博 ほか
ぐうたら社員の八角民夫(野村萬斎)は社内のパワハラ騒動で異動となるがそこにはある秘密が隠されており、やがて会社員の人生や会社の存在を揺るがすことになる…。

 

 

映画『引っ越し大名!』
ロケ地:兵庫県姫路市、兵庫県・淡路島、京都府京丹後市 ほか
出演:星野源、高橋一生、高畑充希 ほか
引きこもり侍である姫路藩書庫番の片桐春之介(星野源)は、突然国替えの総責任者、「引っ越し奉行」に任命される。果たして春之介は国を救うことが出来るのか…。

 

 

映画『フォルトゥナの瞳』
ロケ地:奈良県橿原市、兵庫県神戸市 ほか
出演:神木隆之介、有村架純、志尊淳 ほか
死を目前にした人間が透けて見える能力を持つ木山慎一郎(神木隆之介)が、恋人・桐生葵(有村架純)の死の運命が見え、恋人の運命を変えようと奔走するが…。

 

 

映画『楽園』
ロケ地:長野県伊那市、長野県松本市、長野県飯山市、長野県駒ヶ根市、長野県長野市 ほか
出演:綾野剛、杉咲花、佐藤浩市 ほか
ある夏の日にY字路で起きた少女誘拐事件の容疑者とみなされた青年・中村豪士(綾野剛)とその周囲の人々の物語。

 

 

 

アニメ映画『天気の子』
ロケ地:東京都新宿区 ほか
出演:醍醐虎汰朗、森七菜、本田翼 ほか
新海誠監督最新作。家出少年が東京で「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力を持つ少女に出会い、不思議な体験をする。

 

 

 

アニメ映画『空の青さを知る人よ』
ロケ地:埼玉県秩父市 ほか
出演:吉沢亮、吉岡里帆、若山詩音、松平健 ほか
山に囲まれた町の姉妹の元へ姉の恋人・慎之介が帰郷。更に13年前の世界から18歳の慎之介が現れ…。『秩父三部作』最新作。

 

 

 

アニメ映画『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』
ロケ地:静岡県沼津市 ほか
出演:伊波杏樹、逢田梨香子、諏訪ななか ほか
静岡県沼津市を舞台にアイドルとして成長する少女の姿を描いた人気シリーズ。モデルとなった静岡県はロケの聖地としても有名に。

 

 

 

映画『4月の君、スピカ。』
ロケ地:長野県千曲市 ほか
出演:福原遥、佐藤大樹、鈴木仁 ほか
学校で浮いていた少女・早乙女星(福原遥)が、星が好きな美少年・大高深月(鈴木仁)と学年トップの秀才・宇田川泰陽(佐藤大樹)と知り合う。切ない天体観測ロマンチック・ラブストーリー。

 

 

映画『ある町の高い煙突』
ロケ地:茨城県日立市 ほか
出演:井手麻渡、渡辺大、小島梨里杏 ほか
煙害の故郷を救うため、茨城県久慈郡の地主の子・関根三郎(井手麻渡)は全てを投げ打ち闘いを挑む。新田次郎が描いた感動実話を現地で撮影。

 

 

映画『柴公園』
ロケ地:東京都品川区 ほか
出演:渋川清彦、大西信満、ドロンズ石本 ほか
柴犬連れ‘おっさん’3人が繰り広げる壮大な無駄話・・・。まったりとゆるく、何気に尊い‘おっさんたち‘のダベリエンターテイメント。品川区が舞台となっており、印象的なシーンが品川区で撮影されている。

 

 

 

映画『高津川』
ロケ地:島根県益田市、島根県津和野町、島根県吉賀町 ほか
出演:甲本雅裕、戸田菜穂、大野いと ほか
島根県の高津川を舞台に歌舞伎の源流ともいわれる神楽舞の伝承を描いた甲本雅裕・初主演映画。オール島根県ロケで撮影された。

 

 

 

映画『波乗りオフィスへようこそ』
ロケ地:徳島県美波町 ほか
出演:関口知宏、宇崎竜童、柏原収史 ほか
故郷の徳島県美波町へ人材採用に赴いた会社社長の徳永(関口知宏)と地元民の交流・奇跡を描いた物語。物語の舞台・徳島県でロケが行われた。

 

 

映画『二宮金次郎』
ロケ地:栃木県日光市、神奈川県小田原市 ほか
出演:合田雅吏、田中美里、成田浬 ほか
今まで描かれてこなかった二宮金次郎の激動の生涯を映画化。ロケは二宮金次郎が晩年を過ごした栃木県日光市を中心に行われた。

 

 

 

映画『ハルカの陶』
ロケ地:岡山県備前市 ほか
出演:奈緒、平山浩行、村上淳、笹野高史 ほか
平凡なOL・小山はるか(奈緒)は、デパートで備前焼の大皿に出会い、岡山県備前市へ向かう。そこで、職人である修(平山浩行)と出会い、はるかの修行見習いの日々が始まる。

 

 

 

投票は下記のボタンをクリック!

投票は12月16日(月)まで

 

 

 

ロケーションジャパン大賞4つの指標

p013

 

■ノミネート条件
・2018年12月1日~2019年11月30日に公開、放送された映画・ドラマ・アニメ作品
・全国規模で公開または放送された作品と地域
・地域の変化が見られた作品と地域
・ロケ受け入れに対し、組織的な対応ができる地域
※上記の効果が出ていた作品と地域を、編集部調べで選出。

 

■選考基準
下記4つの指標をもとにポイント化して算出
①支持率…約8000名を対象にした一般アンケート結果による。
②ロケ地行楽度…現地で作品の世界観が楽しめるか?
(ロケ地マップの有無、語り部がいる、ツアーの有無 ほか)
③撮影サポート…地元のロケ協力度、住民の理解度
(ロケ支援組織の有無、撮影リピーターの有無、撮影窓口の一本化、ロケに対する住民の理解度 ほか)
④地域の変化…観光客の増加 経済効果 CM換算効果
(作品による経済効果、作品にまつわる商品の誕生、エキストラの登録状況、メディアへの露出 ほか)

 

「第10回 ロケーションジャパン大賞」の結果は、1月15日発売のロケーションジャパンとlocationjapan.netなどで発表いたします。

 

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve