ホーム > インタビュー&コラム

インタビュー&コラム

SPECIALインタビュー

新田真剣佑インタビュー 映画『ブレイブ-群青戦記』

タイムスリップ”した先は
めちゃくちゃ楽しかったです

アラタ

 

学校丸々タイムスリップ!
そんな超絶エンタメ作『ブレイブ-群青戦記-』で、映画単独初主演を飾った新田真剣佑さん。
華やかなスターオーラに目がいきがちですが、その瞳は真っすぐに未来を見つめていました。ロケ地への想いも熱い!

 

苦労エピソードはゼロ!
最高過ぎた現場の真相

 

 

現代に生きる高校生たちが突如戦国時代にタイムスリップし、過酷な状況で、命を懸けてサバイブしていく姿をスリリングに描く映画『ブレイブ-群青戦記-』。人気コミックの映画化でもある本作で、主人公・蒼を演じる新田真剣佑さんは、意外にもこれが国内映画単独初主演。新田さんの名を一躍知らしめた『ちはやふる』シリーズをはじめ、『ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない第一章』、『十二人の死にたい子どもたち』など話題作にも多く出演。新作『るろうに剣心最終章TheFinal』の公開も控える人気俳優となった新田さんが

 

「とにかく最高の現場でした!」

 

と繰り返す本作の魅力とは……?

 

「まず最初に面白いなと思ったのは、劇中にたくさんあるバトルシーン。この作品は現代から高校生アスリートたちが突然戦国時代に送られてしまうわけだから、戦いで使う武器も頭の使い方も全部が違う。普通のバトルよりも戦い方そのものがすごくユニークなので、そこの面白さにまず引かれました。舞台は戦国時代ですが、僕らは洋服も言葉遣いも全て現代仕様なので、そこの苦労は全くなく。というか、この作品に出演した誰に聞いても同じことを言うと思うんですが、”大変だった””苦労した”っていう言葉が一切出てこないんです。撮影が真冬で寒かったっていうことすら、こうやって取材を受けていて”そういえば寒かったね!”と思い出したくらい。大変だと感じることが本当に何一つない、最高の現場でした」

 

(続きは本誌を御覧ください)

button2

 

映画『ブレイブ-群青戦記』

■Story

自分に自信の持てない蒼(新田真剣佑)は、部活の弓道にも身が入らない日々。だがある日、学校が丸々戦国時代にタイムスリップ!野武士の集団に襲われ次々と生徒たちが倒れていく中、蒼も幼なじみの遥(山崎紘菜)、考太(鈴木伸之)らと戦うことになるが……。

■作品詳細

映画『ブレイブ-群青戦記-』
監督:本広克行
原作:笠原真樹「群青戦記グンジョーセンキ」(集英社ヤングジャンプコミックス刊)
脚本:山浦雅大、山本透
出演:新田真剣佑、山崎紘菜、鈴木伸之、渡邊圭祐、濱田龍臣、鈴木仁、飯島寛騎、福山翔大、
水谷果穂、宮下かな子、市川知宏、高橋光臣/三浦春馬、松山ケンイチ
(C)2021「ブレイブ-群青戦記-」製作委員会(C)笠原真樹/集英社公開中

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve