ホーム > ニュース

ニュース

エンタメ
2013.09.05

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』公開で、舞台・秩父に再ブーム到来!

S

 2011年『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(以後:あの花)の放映をキッカケに、多くのアニメファンが訪れ“アニメの聖地”として大ブームを巻き起こした埼玉県秩父市。そんな秩父が、同作品の映画化で再び注目を集めている。

 死んだはずのヒロイン・本間芽衣子(めんま)と5人の幼馴染の友情を描いたこの物語には、秩父橋を始め、秩父神社や羊山公園など、秩父市内に実在する多くの場所が登場する。訪れることで、誰もがその世界観を体感できるとあって、日本全国から若者が急増し、2011年の、作品とコラボした「龍勢祭」には、過去最高の11万人もの人が訪れ、今年も観覧桟敷席が1日で完売してしまうほど、その人気は年々伸び続けている。さらに、アニメ放映後に秩父市が発行した、「『あの花』巡礼マップ」も、希望者が殺到し、すぐになくなってしまうほど人気をよんだ。  そして今年、『劇場版あの花』が公開され、カメラ片手に市内を散策する人が再び増え始めている秩父。今後の仕掛けは?と秩父アニメツーリズム実行委員会事務局の中島学さんに聞くと、「10月に開催される龍勢祭はもちろんですが、書きおろしの新たなポスターや劇場版ロケ地マップなども考えています」と、ファンにはたまらない嬉しい仕掛けが予定されている。『あの花』ブームが再び秩父に到来の予感! ますます目が離せない。

お問い合わせ先:0494-25-5209/秩父アニメツーリズム実行委員会(秩父市観光課)

龍勢祭(椋神社例大祭) 日時:2013年10月13日(日) ※毎年10月第2日曜日 場所:椋神社周辺 秩父市下吉田7377

 

 

【関連記事】
【アンケート】今年の夏、聖地巡礼したいアニメ
http://locationjapan.net/newss/anime2016/

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve