ホーム > インタビュー&コラム

インタビュー&コラム

巻頭インタビュー

大泉洋・ムロツヨシ インタビュー        映画『新解釈・三國志』

122re2

 

Q福田組での初共演、

二人のシーンで一番印象的だったのは?

 

大泉洋:

それはもうムロくん演じる孔明の登場シーンですよ。あんなにヒョコヒョコ出てくる孔明、いないですって。「地に足がついていない感」が半端ない。「あれ?ムロくん、浮いてる?」って思いましたから。劉備が「三顧の礼」で迎えたというあの軍師・孔明が、僕たちに向かって「雇いましょうよ♪雇いましょうよ♫」って歌いながら、いきなりステップ踏んで踊り出しちゃうんですよ。しかも全部アドリブですからね。あれはムロくんしかできません。

 

ムロツヨシ:

長江を眺めながら、二人で掛け合いをするシーンですね。『アフタースクール』(2008)以来の共演だし、僕が背中を追いかけていた演劇出身の先輩の一人だったし、「大泉さんに面白いって思われたい」という野望もあって緊張もしましたが、それより楽しみが勝ってました。あのシーンは二人らしい芝居ができたので印象に残ってます。

大泉さんのリアクションで覚えているのは、孔明役の僕が家から小走りで登場するシーン。「えぇ?これで福田組、大丈夫なの?ねームロくん、本当にこれでいいの?」ってずっと言ってましたから(笑)。

 

ロケーションジャパン102号より。

(続きは本誌を御覧ください)

button2

映画『新解釈・三國志』

■Story

中国の歴史書『三國志』を、稀代のコメディーメーカー福田雄一監督がオリジナル脚本で実写化した歴史エンターテインメント。ぼやき倒す劉備をはじめ、歴史に名を連ねる英雄たちが福田流の「新解釈」で描かれる。

■作品詳細

監督・脚本:福田雄一
出演:大泉洋、ムロツヨシ、小栗旬 ほか

12月11日(金)公開

Ⓒ2020映画『新解釈・三國志』製作委員会

この記事をシェアする

©Location Japan. All rights reserve